読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKスペシャル「見えない貧困」、こういうところでも日本人の周りに合わせる国民性が悪い方向に働くのかと思った。

社会 大学 教育

昨今話題に上がる若者の貧困問題。

若者の貧困問題にもいろいろありますが、今回は大学生の奨学金問題について。


この問題は大学全入は喜ばしいことなんでしょうかっていう問題ですよね。


まず僕自身は周りに流されて大学に入った大学生です。僕の周りにも奨学金借りてる人多いです。


大学に行きたい人が大学に通える、これはこれでいいですよね。

ただ、正直本当に大学に通いたい人全員大学通う意味本当にあるのかって感じですよね。


僕の大学でも、文系(僕)なんか、普段は授業サボりがち、テスト直前にノート借りて過去問ゲットして、一夜漬けで丸暗記。テスト受けて単位だけ取る。

全ての授業そうしてるわけではないですが、改めて文面見たらホントにヒドイですね。笑


そして僕の周りも大学生活堕落した生活を送り、単位落として留年の危機なんて人はザラにいます。


興味があることに取り組むことができる時間というのは大学生の特権だとは思いますが、奨学金借りて行ってるのにそんなのんきな生活遅れるのかって感じで。


大学に通いたいけど、経済的理由で通うことができない、特に勉強が好きというわけではないなら別に通わなくてもいいのではと思います。

高卒でも働き口見つかりますしね。


そもそも大学全入は日本が高度成長してる時代、まだ大学進学率が低かった時代、人口増加していた時代に、国として高度に教育を受けた人材を多く生み出したいという目標であって、現在の学生の人口が減少し続ける時代にそぐわない考え方だと思いますね。

海外から学生呼び込むことも言語的な問題でなかなか難しいし。


高校の段階で自分の将来何がしたいか、一度踏みとどまって考えるタイミングが必要ですね。皆と同じように大学に行くことはすごいことでも何でもない時代ですね。